選択肢は多いより少ない方がいい。

どうも本田真大です。

人生において、多様な選択肢と自己選択はとても大切です。しかし多すぎる選択に悩み決めきれないこともあるのも事実です。

どのように選択すればよいでしょうか

選択肢が多すぎると購入に繋がらなかった

実際に研究していたのが、コロンビア大学ビジネススクールのシーナ・アイエンガー教授がジャムの選択が多いと購入する確率が下がるといったお話です。多くの論文でも参考にしている有名な選択科学です。

この実験は、スーパーマーケットの試食売り場で行いました。

スーパーマーケットに試食コーナーを設けジャムを販売しました。

  • 1つ目は24種類のジャムを試食ができるコーナーです。
  • 2つ目は6種類のジャムを試食ができるコーナーです。

どちらも客にお好きなだけどうぞと言って、試食をしてもらいました。24種類は、買い物客の60パーセントは試食に立ち寄りました。6種類は40パーセントが立ち寄りました。ここだと24種類の方が良さそうですが、6種類の試食に立ち寄った客のうちジャムを購入したのは30パーセント、24種類の試食に立ち寄った客のうちジャムを購入したのが、わずか3パーセントでした。この実験より選択が多すぎれば多過ぎるほど悩み、決定するのが難しくなることがわかります。

例えば気になる人をデートに誘う時、30種類の中から選ぶことを提案してみると相手も選択するのにかなりの労力がかかります。既読スルーで返信がない場合もあるかもしれません。3種類くらいで提案すると選びやすいのであまり考えずに選べるという選択のしやすいことでしょう。

他人に選択してほしいことを決める。

選択肢がある中で、自分で選択したいこと、人にできれば選択してほしいことは何でしょうか。仕事、結婚、住む場所、生命保険など人生に関わる大切な選択から今日何を食べるか、何を着るか、何時に寝るかなど日々の選択もあります。できれば選択において、なるべく最小の努力で最大限の効果を発揮したいものです。自分の好きなことやどうしても自分で決める必要があるものは、自分で選択すると思います。しかし、選択するために時間をかけたくないこともあると思います。

選択しないていいように習慣化する。

例えば、スティーブジョブズは服を選ぶ選択のコストをへらすため黒いタートルネックとジーンズを着用していました。自分が選択しなくていいものは徹底的に労力を減らすことは大切です。日常生活でもルーティンがあるほうが、いつやろうと考えずにスムーズに行えることも多いです。仕事でメールを見る時間を決めることや洗濯や掃除をする曜日を決めちゃうことなども習慣化で大事です。

信頼できる専門家に頼る

自分自身が知らない分野で選択をせざるをえない時は、信頼できる専門家に頼ることで選択する労力を減らすことができます。例えば、税金のことがわからず、ネットや本で調べてもわからない場合は、信頼出る税理士に聞くことでわかりやすく解説してもらい選択しやすくなるでしょう。ただし他人のアドバイスを聞き、最良の選択でなかったとしても後悔しすぎず、次の選択に生かすことが大切だと感じます。

よりよい選択を提案するデータに頼る

食べログのアプリは、どの店で食事をしていいかわからない時に場所や評価の数、レビューコメントで食事をする場所を選びやすくなると思います。またamazonやネットフリックスが大量のデータから、あなたが選ぶ傾向の商品を把握しお勧め商品を提案してくれます。これらは他の人のデータや過去のあなたの履歴から似たような商品を探してくれます。データは自分の傾向がわかるので、選択肢を絞ってくれることに役立ちます。

天気予報はまさに専門家とデータを使って、私たちに教えてくれます。 天気予報も過去のデータを算出して、降水確率が決まります。過去これと同じような天気で雨になったのは40パーセントなため、日中は傘を持って行った方がいいと専門家が教えてくれます。
私たちはデータと彼らの判断に基づいて雨の日は傘を持っていくとおもいます。(もちろん、外れるときもありますが)

最後に

人生は選択の連続です。選択して未来が変わる場合もあれば、できれば選択したくないこともあるでしょう。
生きていく中で選択は続いていきます。どの選択は自分でして、どの選択は他人にしてほしいかは大切なポイントですので、考えてみてはいかがでしょうか。何かの参考になれば嬉しいです。

それでは今日はこの辺で。
タック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。